糖尿病を予防して思った事とは何だったのか!?

糖尿病を予防して思った事とは

何だったと思いますか?

 

 

私は小学生から23歳の頃まで太っていたのですが、

18歳の頃に100kgの大台を超えるまでの肥満に

なりました。

 

 

さすがに100kgを超えるような巨体になって来ると

周囲から心配されるようになり、親からはこのまま

痩せないでいると家系的に見て将来的には糖尿病や

高血圧になる可能性が高いと言われました。

 

 

どんな予防法があるかを健康に関する本やネットで

調べてみたところ、ダラダラ歩きではない

時速5km以上のウォーキング

(うっすらと汗をかいて心拍がやや早くなる程度)と

減塩生活が良いとの事だったので、すぐにダイエットを

始めてみる事にしました。

 

 

 

ウォーキングは、歩幅が長い大股歩きも効果的である事から

週5回毎回1時間行い、減塩生活に関してはスープや

味噌汁の汁を半分残す事や野菜を積極的に3食に

取り入れてみたところ、1年経過時に40kg程度痩せる事が

出来ました。

 

 

そこから数年経過した頃に血液検査をしてみたのですが、

全ての値が正常である事がわかったので良い糖尿病予防が

出来たと感じました。

 

糖尿病は日本人なら誰でもなり得る病気なのですが、

病気の当初は体調に出にくい点や完治する事が

無いとも言われているので、現在も減塩・ベジファースト

(野菜の料理から食べて血糖値を上げにくくする)事を

心掛けており、健康的な生活を送るように努力しています。

 

 

糖質と脂質多めのジャンクフードや極めて偏った

食生活をしないようにする事も大事なので、

今後も和食中心の食事をしていきたいです。

 

 

 

 

 

生活習慣病を予防する方法

生活習慣病は文字通り生活習慣の継続により

罹患するリスクが高くなる病気の総称です。

 

 

よってその予防のためには、生活習慣を改めることが

何よりも効果的だと考えられます。

 

 

では具体的にはどのようなことを見直すのが

良いのかと言うと、まずは食事内容です。

 

 

脂肪分や塩分、糖質の多い食事ばかりを食べている、

そして海藻類や野菜類などはほとんど食べないと

言う食事内容では、脂質異常症や高血圧、糖尿病、

更には肥満と言った生活習慣病になるリスクは

高くならざるを得ないと言えます。

 

 

また食事内容だけでなく食事の摂取方法も重要で、

早食い、ドカ食い、暴飲暴食を避け、1日3食を

基本としたうえでよく噛みある程度の時間をかけて

食べることが求められます。

 

 

それから運動です。適度な運動には脂質や糖質を

エネルギーとして消費する作用や血流を

促進する作用があり、それにより生活習慣病のリスクを

軽減させる作用が期待できると言われています。

 

 

また生活習慣病にかかった際にも適度な運動を

行うことでその症状の進行を防ぐ作用が期待できるので、

日常生活の中でできるだけ意識して体を動かすことが

効果的です。

 

 

また睡眠も重要です。睡眠不足は疲労感を蓄積させ、

更に免疫機能の低下も引き起こします。

 

 

よって生活習慣病だけでなく様々な疾患にかかる

リスクを高める要因とも言えるため、毎日、

まとまった時間、質の良い睡眠をとることが必要です。

 

 

更に喫煙は、満足感を得られると言った精神的な

メリットはあるものの、健康にとっては百害あって

一利なしです。

 

 

血管が傷つけられることで生活習慣病のリスクも

高まるので、可能な限り禁煙をするのが

予防のためにはベストです。

そして、免疫力をつけるのも

大切だと感じたのです。

 

 

でも、どうやって免疫力をつける方法が

わからないかもしれません。

 

 

そんな時は、

【ブロリコ】

の方法を参考にしてみてくださいね。

娘の自転車がなくなったとき

娘が大切に乗っていた自転車が盗難に遭ったとき

私のテンションが落ちました。

 

 

高校への登下校時に絶対に必要になる大切な

自転車です。

 

 

約7万円で購入して娘がすごく大切に

乗っていた自転車でした。

 

 

集合住宅暮らしなのでこういうことがあっても

不思議じゃないし、今の世の中何があっても

不思議じゃないですから冷静になってみれば

仕方がないと思えるんです。

 

 

自転車がなくなったときは「どうしてそんな目に

遭わなければならないのか・・・」とテンションが

下がりました。

 

 

娘のほうはさっぱりした性格で、多少落ち込んではいたものの

通っている学校内でも自転車の盗難被害は珍しいこと

ではないからとしばらく探して諦めましたが、私は近所を

探し回り娘と同じような自転車に乗っている人を見ると、

娘の自転車ではないのかと目で追ってしまったりして

しばらく辛い状態が続いたのです。

 

 

娘がアルバイトしたお金で新しい自転車を購入したんですが

こういうことは萎えますね・・・。

 

 

車のへこみでテンションが下がる

ある台風の日ちょっとした用事で車を使うことになりました。

 

 

台風の日はなるべく外に出ないように気をつけていたんですが、

歩いて行くわけにも行かず駐車場に止めてある私の車まで

行ったのです。

 

 

雨が降っていて強風で傘を差すこともできず、走って

駐車場まで行き全身濡れながら急いで車のドアを

開けたところ車のドアが勢いよく開いてしまって・・・。

 

 

タイミング悪く突風が吹き、車のドアが重かったため

片腕で支えきられずドアが大きく開いてしまいました。

 

 

それでどうなったというと、隣の壁に車のドアが

勢いよくぶつかりドアがへこんでしまいました。

 

 

壁のほうはまったく無傷でそれは不幸中の幸いでした。

 

 

私の車のドアもキズはなく平らにへこんだだけだったので

へこみはよく見なければ分からない状態・・・。

 

 

それでもしばらく車両保険を使おうかどうしようか

テンションが下がりっぱなしでしたよ。

 

 

保険は使わず今もそのままの状態で、

見るとテンションが下がります。

 

 

自分を正しく評価されないときにテンションが下がる

自分がしたことを評価して欲しい、

認めてもらいたい気持ちは誰にもあります。

 

また、いくつになっても褒めてもらえると嬉しいですよね。

 

しかし、褒めてもらうどころか辛辣な言い方をされると……。

 

 

やはり、一気にテンションが下がってしまいます。

 

その作業に費やした時間、その作業への思い込みなどを

否定されるのです。

 

大げさかもしれませんが、自分自身を否定されるような

気持ちにもなります。

 

 

仕事上では甘えは通じません。

 

そのため、待遇云々にこだわるのではなく、

常に全力投球する必要性があります。

 

自分に課せられた役目を精一杯果たすことが

大切だからです。

 

 

「褒めて育てること」が正論とは限りません。
やはり、さじ加減が難しいですよね。

 

しかし、自分のすることをすべて否定され続けると、

自己評価が低くなってしまいます。

 

そうなると、新しいことにチャレンジする意欲も

失われるのではないでしょうか。

 

 

なお、「報酬」が発生しない仕事もあります。
家事は代表的存在ではないでしょうか。

 

 

家事のなかには、毎日同じような作業も少なくありません。

 

 

しかし、それをコツコツしてくれる人のおかげで

生活ができるのです。

 

これまで家事に消極的だった人は、自ら積極的に

取り組むようにしましょう。

 

もちろん、家事をしてもらう人への感謝を込めて……。

 

 

薬局での小さな出費

 

私は長らく持病で病院通いをしています。

当然、薬もその度に貰っています。

 

時に皆さん、「お薬手帳」なるものをご存知でしょうか。

 

 

これはその名の通り飲んでいる薬をまとめて記述した手帳で、

薬局で頼めばタダでもらえます。これに関する小さな

出費で私のテンションはだだ下がりになってしまったのです。

 

その日も私は病院へ向かい、いつもの様に

処方箋をもらいました。

 

 

そして薬局でお薬手帳と一緒に処方箋を出そうとしたところ、

なんとお薬手帳が無いのです。薬剤師の方にその旨を

伝えたところ、シールを出すので家で貼ってほしいとのことでした。

 

そして薬を出してもらい、いざ会計の時にあることに

気が付きました。

 

 

薬は前回そのままだというのに、前回より少しだけ

支払金額が高いのです。

 

 

薬剤師さんに聞いたところ、お薬手帳があると

わずかながら薬代が安くなるということでした。

 

思い返せば、私は何度かお薬手帳を忘れていました。

 

 

毎回30円程度の出費でしたが、回数を考えると

外食1回分くらいは損をしていそうです。

 

今後は何としてもお薬手帳を忘れないようにしようと

考えながら、私は沈んだ気分で自宅へと

帰っていきました。

 

 

天候悪化によってテンションが下がったときの対処方法

 

年を重ねるにつれて、天候が悪いときに、

テンションが下がることが多くなってきました。

 

若い頃はそうでも無かったのですが、体力が

落ち始める45歳を過ぎたあたりから、雨の日に

頭痛がしたり気分が落ち込んだりしてなかなか

元気が出ないのです。

 

そのようなことから、天候が悪い日は

仕事がはかどらずに、困っていたのでした。

 

 

そのようなことから、以前から天候の悪い日に

テンションをどうしたら上げることができるのか、

いろいろ試すことにしたのです。

 

そこで、食事療法や運動療法を取り入れたり、

気分が高まるサプリメントやドリンクを

飲んだりしました。

 

そのようなことを続けていくうちに、

徐々にではありますが、天候の悪い日に気分が

落ち込むことが減って行ったのです。

 

 

やはり、いろいろな療法を取り入れたことで

体力が回復していったのだと思います。

 

 

特に、筋肉トレーニングをして体を鍛えたことが

一番効いたように感じています。

 

 

その他の理由でもテンションが下がることは多いですが、

その都度、理由を見つけて対処するように努めています。

スポーツを行なうことで

少子高齢化が原因で、今なお介護に関係する人が足りていない日本において、将来一層パーキンソン病患者が増え続けるというのは、根の深い課題になるはずです。
腹部近辺が膨れ上がるのは、多くの場合便秘とかお腹にガスが溜まるからでしょう。こんな症状が出る元凶は、胃腸がきちんと機能していないからだとされています。
誰もがする咳だと信じ込んでいたのに、危ない病気に襲われていたということもあるのです。特に病態がずっと一緒の方は、専門のクリニックにて相談することが必要だと思われます。
膠原病が女性のみなさんに多く生じるのは、女性ホルモンが何か作用しているかららしいですね。けれども、男性陣が発症する事例が大部分であるという膠原病もあるそうです。
身体を鍛錬する気もなく、毎晩飲み過ぎで、コレステロールの多い食物ばかりを摂る人、脂肪分であるとか糖分などが多い高カロリーな料理ばかりを摂っている方は、脂質異常症に罹患してしまうと聞いています。

筋肉が固くなったり頭部の血管が押し広げられたりすると、頭痛が起こります。それに加えて身体の状態、生活状況なども要因となって頭痛が起こります。
幾つもの症状が引き起こされる中で、胸部で痛みが発生する場合は、生命に関連する病気に冒されていると考えて医者に行った方が賢明です。痛みを感じたのはいつか、どこの部位が傷むのかなど、きっちりとお医者さんに告白することが必要不可欠です。
心筋梗塞は朝の時間帯に襲ってくることが稀ではないので、起床したら、先ずは200CC程度の水分を摂取することを習慣にして、「夜の時間帯に濃度が上がった血液を希薄化する」ことが大事になると考えられます。
腸あるいは胃の動きが酷くなる原因は、病気は言うまでもなく、体調不良・加齢、それに加えて、ストレスです。その他、確実に原因だとわかっているのが、「暴飲暴食」なのです。
体の何処にも、異常はないと思われるのに、手・腕だけが膨らんでいるという人は、血管狭窄が影響している循環器系の異常、又は何かかんかの炎症が起きていると思われます。

胸痛に苦しむ人に出くわした時に最も必要なことは、軽快な動きに違いありません。速攻で救急車の段取りをし、AEDが周囲にあれば心肺蘇生法を実施することが大事です。
バセドウ病治療を受けている人の90%くらいが女性の方で、40代半ば~50代半ば世代の方に頻繁に現れる病気であるということと、急に手足が冷えるようになったことから、更年期障害で間違いないと判定されることが頻発する病気だと言われます。
ウォーキングと言えば、身体すべての筋肉とか神経を研ぎ澄ます有酸素運動と言われます。筋肉を鍛錬するだけに限らず、柔軟にしますので、筋肉痛とは無縁の体になれるのです。
ウイルスから見ますと、冬期間は格別な環境状態。感染するのが容易い以外にも、空気中の湿度が下がると、ウイルスからも水分が無くなって比重が低下する為、空気中に浮遊する数も増え、感染してしまう人も増えるのです。
スポーツを行なうことで、思いっ切り汗をかいた人は、一時だけ尿酸値が上昇するのが通例です。そういうわけで水分を摂り込まないと、血中の尿酸濃度が上がったままになり、痛風へと進展してしまうのです。

笑っていると副交感神経の働きが強まり

ありふれた風邪だとスルーして、最悪の気管支炎に冒される場合も多々あり、高齢者の場合、気管支炎から進展した肺炎により死亡するケースが、死因の第3位にランクされているそうなのです。
吐き気もしくは嘔吐の要因自体というと、ひどくない胃潰瘍だとか立ち眩みなど、そこまで深刻にならなくて良いものから、くも膜下出血のような命に直結する病気まで、たくさんあります。
連日笑顔でい続けることは、健やかに年を重ねるためにも推奨したいことです。ストレスの解消にとどまらず、病気改善にも力を発揮するなど、笑顔にはありがたい効果が色々あります。
大勢の人が、疲れ目というような目のトラブルを抱えています。更に言えるのは、スマホなどがシェアを拡大するにつれて、この傾向が尚更強まったと言えます。
心臓疾患内でも、動脈硬化が誘発する虚血性心疾患は、ジワリジワリと多くなってきているようで、その一種である急性心筋梗塞は、約2割の罹患者が亡くなっています。

胸痛に苦しむ人を見つけた時に要されるのは、速やかな動きだと言えます。速やかに救急車を頼み、AEDがあるようなら心肺蘇生法にチャレンジするように頑張ってください。
痒みは皮膚の炎症が元で出るものですが、心の状態も影響することも少なくなく、心配なことがあったりプレッシャーがかかったりすると痒みがひどくなり、掻きむしってしまうと、どうしようもなくなるくらい痒くなるらしいです。
笑っていると副交感神経の働きが強まり、ストレスホルモンの分泌が悪くなるので、脳の温度が落ちるのです。その反対に、ストレス状態が続くと交感神経の作用が強くなり、脳の温度が上昇すると言われています。
膠原病につきましては、各種の病気を表わす総称なのです。病気毎に、深刻度あるいは治療方法が違うことになりますが、原則として臓器を形成している細胞の、異例の免疫反応が影響を及ぼしているそうです。
ハードな運動を行った日の翌日に、筋肉に痛みが出る症状が、筋肉痛です。最悪、運動はもとより、少し歩くということすら抵抗があるくらいの痛みが生じることもままあります。

心筋梗塞は早い時間帯に見られることが多いようですので、ベッドから出たら、一先ずグラス1杯ほどの水を摂りいれることにして、「夜間に濃度が濃くなった血液を薄める」ことが肝要だと思われます。
大抵の女性の人が大変な思いをしているのが片頭痛だと聞きました。取り去ることができない痛みは、心臓の鼓動に呼応するようにガンガンくることが通例で、5時間から72時間ほど断続するのが特色だと指摘されます。
空気の通り抜けが厳しかったり、鼻の中の方からたまらない臭いがするといった症状が齎される蓄膿症。本当を言うと、風邪とか花粉症などに誘発されて発症することもわかっている、罹患しやすい病気だと考えられます。
自律神経とは、あなたの考えに捉われることなく、オートマティックに体全部の機能を一定に統制する神経で、「自律神経失調症」と言われるのは、その機能が落ち込む疾病だというわけです。
特定保健用食品(トクホ)は当然の事、諸々のサプリメントや健康食品類は、残らず「食品」の範疇に入れられており、姿・形は一緒だとしても薬ではないので、ご注意ください。